MENU

プレスリリース

プレスリリース
2020.12.10

プリント

ACCESSとドイチェ・ヴェレ、「ACCESS Twine for Car」でのコネクテッドカーへのニュース配信に向けて協業

- ドイチェ・ヴェレ、いち早くコネクテッドカー向けにデジタルニュースのストリーミング配信を提供 -

ACCESS Europe GmbH(本社:ドイツ・オーバーハウゼン、CEO:Dr. Neale Foster、以下、ACCESS Europe)とドイツの国際公共放送局であるドイチェ・ヴェレ(Deutsche Welle、本社:ドイツ・ボン、以下、DW)は、本日、国際ニュースおよびローカルニュースを複数のフォーマットでコネクテッドカーへ配信するために協業することを発表しました。本協業により、カーユーザーは、車載インフォテインメント(In-Vehicle Infotainment、IVI)システム「ACCESS Twine for Car(以下、Twine4Car)」を通じて、音声・動画・テキストで最新ニュースに即座にアクセスできるようになります。

ACCESSとDW、「ACCESS Twine™ for Car」によりコネクテッドカーへニュースを配信
ACCESSとDW、「ACCESS Twine for Car」によりコネクテッドカーへニュースを配信

ACCESS Europe 最高経営責任者(CEO) Dr. Neale Fosterは、
「自動車メーカー(OEM)にとって、サービスベースのソリューションの中核を成すのがプレミアムコンテンツです。カーユーザーは、最も使い勝手の良い方法で最も関連性の高いニュースに即座にアクセスできることを望んでいます。ACCESS EuropeとDWとの協業により、ローカルニュースと国際ニュースを複数のフォーマットでドライバーや同乗者に提供することが出来るようになり、こうしたニーズに応えることが出来ます」と述べています。

ACCESS Europe グローバル製品ディレクター Sven Eckoldtは、
「本パートナーシップは、複数の言語とフォーマットで信頼のおけるソースからの情報をユーザーに提供し続けることを目指す自動車メーカーにとって朗報です。我々は、テクノロジーの急速な進歩によりコネクテッドカーの時代を迎えています。自動車メーカーがカーオーナーと新たなリレーションを構築し、適切なコンテンツを提供する機会を開拓することは、こうした時代に向けた素晴らしい取り組みと言えます」と述べています。

DW デジタルパートナーシップおよび新規事業部門 Christian Kuehne氏は、
「DWは、自社コンテンツができるだけ多くの環境で利用できるように、革新的な技術の導入に絶えず取り組んでいます。コネクテッドカーにおけるストリーミング配信機能の向上は、消費者とメディア企業に新たな機会をもたらします。自動車が世界のメディア業界における将来の配信チャネルとなりつつある今、当社は、『Twine4Car』により、これらのエキサイティングな進展を最大限に活用できるようになります」と述べています。

「Twine4Car」には、多数のメディアパートナーからのコンテンツや、多様な市場向けの幅広いアプリ、テレビシリーズ、VODコンテンツが含まれています。自動車メーカーは「Twine4Car」を利用することで、完全に自社ブランド化されたユーザーインターフェース(UI)を構築できます。また、このUIがすべての車載サービスのハブとして機能するともに、事前にインストールされたアプリへのアクセスや、スマートフォンやタブレットによるBYOD(Bring Your Own Device)のフルサポートを可能とします。

    「Twine4Car」のその他機能は以下のとおりです。
  • TWINE App Store:専用のハイブリッド車載アプリストア(HTML5およびネイティブ)で、自動車メーカーが自社ブランドを冠した車載プラットフォーム上でドライバーや同乗者向けに幅広いセレクションのアプリを提供できるようにします。
  • Androidアプリのネイティブサポート:「Twine4Car」により、ネイティブアプリのシームレスな統合が可能になり、自動車メーカーの自社ブランドのIVIインターフェースを介した没入型のユーザーエクスペリエンス(UX)を実現します。これにより自動車メーカーは自社サービスのフルコントロールが常時可能となり、ネイティブアプリでも、組み込み型、またはAPIベースのサービスでも、理想的なUXを提供できるようになります。
  • 同期再生:「Twine4Car」により、2つのデバイスで同一動画の同期再生が可能になるため、同乗者は他の同乗者と同時にそれぞれのスクリーンでコンテンツを視聴することができるようになります。
  • ペアレンタル/リモートコントロール:「Twine4Car」により、車内のどのスクリーンからでもコンテンツ関連の管理ができるようになるほか、保護者は子どもが視聴するコンテンツの種類や視聴時間に責任が持てるようになります。

Sven Eckoldtは、
「DWとの協業により、自動車メーカーはあらゆるドライバーや同乗者のニーズに合わせてコンテンツエクスペリエンスの提供が可能になり、ユーザーがどのような運転状況にあっても最高水準のユーザビリティを実現します」と述べています。

■ドイチェ・ヴェレについて
ドイチェ・ヴェレ(DW)はドイツの国際公共放送局です。DWの使命は、偏りのないニュースや情報で全世界の言論の自由を守ることです。約2億5,000万人が毎週、テレビ、オンライン、ラジオでのDWの報道を自らの意思決定に役立てています。DW Akademieは、全世界のジャーナリストに研修を提供し、報道の自由の発展を支えています。DWは、60カ国以上からの約3,000人のグローバルなスタッフで構成されています。
https://www.dw.com/en/top-stories/s-9097

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証一部:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび約350社の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
https://www.access-company.com/

  • ACCESS、ACCESSロゴ、ACCESS Twine、ACCESS Twineロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
  • その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。