MENU

最先端の光技術を使って、豊かな社会を創るための構想です

「IOWN®」は、日本電信電話株式会社の商標又は登録商標です。

ACCESSはIOWN 実現のためのさまざまな研究開発、
サービス開発を推進・支援しています

Innovative Optical and Wireless Network(IOWN)の実現に向けて、NTTと重要なパートナーシップを締結いたしました。

2023年12月12日付の報道発表資料「NTTとACCESS、IOWNの発展に向けた資本業務提携に合意」はこちら >

ご興味のある方は、ACCESSへお問い合わせください

IOWN の詳細な解説
IOWN 技術研究開発支援
IOWN サービス、ユースケース開発支援

お問い合わせフォームへ

IOWN構想とは?

増大し続けるインターネットトラフィックの課題をサスティナブルに解決するため、従来の電気通信技術の物理的な限界を、光ベースの新しい通信技術を活用することにより、データ転送容量の増大、通信速度の大幅な向上と遅延の削減、そしてエネルギー効率の大幅な改善を実現することです。

IOWN は光を中心とした革新的通信技術を活用し、高速大容量通信を手軽に使えることにより、あらゆる情報を基に個と全体との最適化を図り、膨大な計算リソースを地理的制約を排除し分散配置可能な、端末を含むネットワーク・情報処理基盤の構想です。


出典元:NTT技術ジャーナル https://journal.ntt.co.jp/article/14878

※APN(All Photonics Network:オールフォトニクス・ネットワーク)とは、通信ネットワークのすべての区間で光波長を占有することで
「大容量」「低遅延」「低消費電力」を実現する、新しい通信ネットワークです。

IOWNとは?
IOWNのビジョン、価値などをわかりやすくお伝えいたします。


出典元:NTT official channel
https://www.youtube.com/watch?v=0OXzcwTB_hY

IOWN構想がめざす未来

より大容量かつ高速で、より省エネルギーな通信が可能になり、これまでネットワークの容量・遅延・安定性がボトルネックで、社会実装が難しかったスマートシティ、リモートヘルスケア、高度なエンターテインメント体験など、今までにないサービスの提供が可能になります。


IOWNでスマートな社会を実現

IOWNが実現する様々なユースケース

基地局向け高速大容量伝送パス
大容量・リアルタイムマルチキャスト
超セキュアセッション制御
高速大容量データ転送
低ジッタミッションクリティカル高精度位置情報配信VPN


これらはそれぞれ、通信インフラの革新、デジタルと物理世界の融合、そしてAIによるデータ管理と最適化によって実現される新たなサービスとなります。

ACCESSの取り組み

株式会社ACCESSは、NTTの「Innovative Optical and Wireless Network」(IOWN)において、NTTが研究開発してきたネットワーク技術とIP InfusionのネットワークOSの技術を活用した、ネットワークOS「Beluganos」に関する研究開発・商用化とグローバル市場での販売・サポートの強化を進めていきます。

さらに、ACCESSはIOWNを活用したサービス実現に向けたソフトウェア開発においても、ACCESSの持つWebブラウザやIoTの知見をもとに、IOWNを最大限に活用するための専門知識と開発支援サービスを提供します。

これには、分散コンピューティング、エッジコンピューティング、およびクラウドベースのデータ処理や生成AIの活用が含まれ、これらの技術を組み合わせることで、IOWNネットワークが提供する未来の通信エコシステムに適応したソリューションを実現します。

これらの専門知識を活用し、IOWN向けのソフトウェア開発ならびサービス開発支援を積極的に推進してまいります。

IOWN実現に向けた、ACCESSのプロフェッショナルサービス

ACCESSはNTTとのパートナーシップにより、IOWNに特化したプロフェッショナルサービス(受託開発サービス)に積極的に取り組んでいます。当社は、IOWNの先進的なプラットフォームを活用し、各企業や組織の特定のニーズに応じたカスタマイズされたソフトウェアソリューションの開発を提供します。

これにより、お客様はIOWNの革新的なインフラ環境を最大限に活用し、業務の効率化、パフォーマンスの向上、そしてデジタルトランスフォーメーションの加速を実現できます。


詳しくはこちら >