MENU

DX/IoTプラットフォーム
ACCESS Connect®

クラウド開発コスト・運用コストの削減を実現

ACCESS Connect®は、モノ(デバイス)をインターネットに接続し、IoTサービスの開発・運用を支援する、AWS上に構築したクラウドプラットフォームです。最初から開発汎用コンポーネントが揃っていること、ACCESS独自のマルチテナントアーキテクチャ、運用含めて丸ごとお任せ頂けることが特長です。
これにより、お客様のクラウドの構築から運用までコストを削減し、サービスの市場投入を短縮します。

ACCESS Connect サービス概要

特長

01 汎用コンポーネントが標準搭載

DX/IoTサービス開発に必要な汎用コンポーネントが標準搭載されていますので、短期間、低コストでのサービス開発が可能です。

お客様のPaaSサービスを支える、汎用コンポーネントのBaaSサービス​

02 独自マルチテナントアーキテクチャ

ACCESS独自のマルチテナントアーキテクチャにより、クラウド利用コストの徹底的な削減、最適化を実現します。

ACCESS Connectのマルチテナントアーキテクチャ​

03 継続的なフルマネージドCIとCD

整備された継続的なインテグレーション(CI)とデリバリー(CD)をアウトソースすることで、ビジネスニーズに対して俊敏な対応が可能になります。

フルマネージドCI/CD​

導入メリット

DX/IoTサービス開発に重要となる標準機能やマルチテナント、セキュアなデータ管理を⼀括提供

ACCESS Connectでは、マルチテナントサービスに必要なデータ管理アーキテクチャを備えており、お客様は複雑なデータ管理の実装、テストのコストを抑制することができます。また、ユーザー、デバイス管理やプッシュ、メール通知、位置情報管理など、多くのSaaS、IoTサービスで求められる汎用的な機能も合わせてご提供します。サービスのコアとなるビジネスロジック開発に投資を集中することで、開発費⽤を⼤きく削減することが可能になります。⼀⽅で、ACCESS Connectでは様々なセキュリティーの脆弱性のパッチ対応など多くのインフラの更新作業が自動化されますので、サービスの運用コストも大幅に削減します。

ACCESS Connect導入メリット

運用料金

運用料金内訳

DX/IoTプラットフォームをご検討中のお客様は、ぜひACCESSにお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ