MENU

「ゼロ」から、新規ビジネスを創る!
​ 「共同推進型」のDX/新規ビジネス創造ワンストップ支援パッケージ​

先着15社限定!
DX/新規ビジネス創造 無料「本気のDX検討会」

本気でDX/新規ビジネス創造を検討中の企業様、是非お問い合わせください!
課題に即した実践的なご提案をさせていただきます。

    【ご相談内容例】
  • “検討止まり”、”PoC止まり”をどのように打破するか、処方箋が欲しい
  • サービスリリースしたが、運営・ユーザー獲得・マネタイズを効果的にできていない
  • IoTについて実績・知見のある企業に相談したい
  • プロジェクトを推進する上で、伴走支援をして欲しい
  • そもそも、DX(デジタルトランスフォーメーション、Digital Transformation)/新規ビジネスの取り組みを何から始めて良いか分からない 等

15社限定!無料「本気のDX検討会」のお申し込みはこちら
※「製品に関するお問合せ」フォームよりお申込みください

DX/新規ビジネス創造の重要性

近年、“2025年の崖”、“両利きの経営”、“ハイパー・コンペティション” 等について頻繁に語られ、あらゆる業界の企業がDXの取り組みを本格化させています。

このような中、単なるデジタル活用(デジタイゼーション、Digitization/デジタライゼーション、Digitalization)に留まらず、デジタル・IoTを活用したビジネス変革(DX化)を起こし、連続的に新規ビジネスを創造し続けることで競争優位性を実現することが求められています。

“検討止まり”、“PoC止まり”を打破し、
小さく始めてスケールさせるまでをIoTビジネス創造のエキスパートが
ワンストップで支援します

DX/新規ビジネス創造への取り組みにおいては、地理的・業界横断的な最新トレンドを踏まえた上で、ビジネスとテクノロジーの両面からの検討が不可欠となるため、最上流である“アイデア出し/企画”の段階から、エキスパートが参画していると効果的です。

実際の推進においても、世の中の取り組みの多くが“検討止まり”、“PoC止まり”となっている状況(所謂“PoC墓場”、“PoC疲れ”)も見受けられます。この状況を打破し、新規ビジネス/サービスを小さく始めてスケールさせるまでの一連の流れを迅速に効果的に実現していくためには、お客様企業の状況に即した、成功確率の高いプロセス設計、幅広い関係者の巻き込み、臨機応変な推進が重要となります。

ACCESSは、国内トップクラスのIoT製品/サービスの開発・提供の実績と知見を有し、これまでにIoTハードウェア開発を含む新規ビジネス開発を数多く手がけてきました。これらの経験を活かし、お客様企業のDX/新規ビジネス創造の取り組みを、ワンストップで、“アイデア出し~企画~PoC~小規模開発~大規模化~運営・グロース”まで、共同推進型/伴走型で支援します。

15社限定!無料「本気のDX検討会」のお申し込みはこちら
※「製品に関するお問合せ」フォームよりお申込みください

とは

ACCESSのDX推進の実績および IoT技術ノウハウに加え、最新ビジネス事例や技術トレンドを踏まえて、
ゼロから“共同推進型”でお客様のDX/新規ビジネス創造を支援します。
ビジネス創造の全体プロセスを高速に実践することで、将来の”自走化・内製化”へ繋げていきます。
また、“共同事業”を視野に入れたプロジェクト推進もご相談可能です。

※旧「IoT X」は、「DX Express™」とブランド名を変更しました。

DX Express の役割

お客様が想い描いたビジョンに寄り添い、期待を超えるために、ACCESSのアセットをフル活用して支援します

DX Expressの概要

1.顧客志向の徹底

常にお客様の成功を最優先に考えます。
お客様のビジネスや市場ニーズを理解した上で、自社製品にこだわらない中立的エキスパートとして、DX/新規ビジネス創造へ向けた最適な支援・提案を行います。

2.グローバルな技術支援

当社海外拠点※1を通じて約40年に亘りグローバルなテクノロジー企業とのネットワークで培った技術※2を活かし、ビジネス成功へ向けてプロジェクトを推進します。
  1. シリコンバレー(米国)、北京(中国)、台北(台湾)、ソウル(韓国)、オーバーハウゼン(ドイツ)、バンガロール(インド) 等
  2. センサーデバイス、通信、アプリケーション、クラウド、データ分析 等

3.お客様企業の価値向上

単なるテクノロジー提供にとどまらず、お客様企業の競争優位性の実現や、新しい価値創造、提供価値の向上を目的としたDXビジネス構築を支援します。

DX Expressが選ばれる理由

1.伴走型ワンストップ支援

1.伴走型ワンストップ支援

  • アイデア出し~開発~グロースフェーズまでを一気通貫で伴走支援
  • DX実績と知見に基づき、成功確率の高いプロセス推進
  • お客様推進のプロジェクトチームにジョインし、ビジネス成功にコミット
  • ビジネス+技術の両輪を支援
2.IoT/ハードウェアを含むサービス開発

2.IoT/ハードウェアを含むサービス開発

  • ハードウェアを含むビジネス創造により、大きく広がるビジネスチャンス
  • “ハードウェア製造の民主化”の大きな流れを活用
  • ハードウェア固有のリスクのサポートや多様化する関係者をワンストップで推進
  • OMO、サブスク等、新しい顧客接点の起点となるハードウェア
3.共同事業モデル

3.共同事業モデル

  • お客様とACCESSとの共同事業モデルも検討可能
    (“仮想ジョイント・ベンチャー”モデル 等)
4.DX自走化/内製化支援

4.DX自走化/内製化支援

  • 全体プロセス推進を実践することで、DX経験・知見を獲得
  • 将来的な新規ビジネス創造の自走化/内装化を支援
  • 特化プログラム(DX Venture™)

お取引実績

DAIKIN muRata konicaminolta

ユースケース/費用

DX/IoTによる新規ビジネス創造にて、お困りごとはございませんか?

各種知見:

  • アイデア着想
  • デジタル活用
  • 新規ビジネス検討
  • 顧客体験/顧客価値検討(MVP策定)
  • ハードウェア開発
  • ソフトウェア開発
  • 運営/グロース
  • データ分析/利活用 等

プロジェクト推進:

  • 社内上申/幅広い関係当事者の取り纏め
  • マインドセット
  • ファシリテーション 等

自走化/内製化:

  • 連続的に新規ビジネスを興す取り組みの自走化
  • 「知の探索」(両利きの経営)の自律化
  • 運営体制 等
共同推進型プロジェクトご支援
(全体方針検討/アイデア出し/ビジネス・技術検討/各種調査 等)
最短1カ月 100万円~

パートナー企業

AWS Partner Network

AWS Partner networkイメージ画像

センサー技術を活用しお客様へ新しい価値を提供するACCESSのDX/IoTプラットフォームに関して、AWS運用スキルと顧客成功事例が認められ、日本企業で初めて「AWS IoTコンピテンシー」を獲得。

AWS コンピテンシープログラムとは、AWS に関する技術的な専門知識とカスタマーサクセスを実証した AWS パートナーに与えられる認定制度です。

LINE DX Program with AWS

LINE DX Program with AWS

「LINE DX Program with AWS」は、LINEとAWS両社の強みを最大限に活かし、企業のDX実現と新たな顧客体験の創出を支援するプログラムです。

ACCESSは、本プログラム提供開始時より開発パートナーとして参画し、お客様のサービス創出に向けワンストップで支援します。