MENU

プレスリリース

プレスリリース
2020.08.17

プリント

ACSLとACCESS、物流・インフラ点検・防災領域における高セキュリティ対応の産業用ドローンソフトウェアの開発・販売において業務提携することで基本合意

株式会社自律制御システム研究所(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長 兼 COO:鷲谷 聡之、以下、ACSL)と株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭、以下、ACCESS)は、この度、物流・インフラ点検・防災領域における、高セキュリティ対応の産業用ドローンソフトウェアの開発・販売において業務提携することで基本合意したことを発表いたします。

今後、ACSLとACCESSは、本ドローンソフトウェアの開発・販売を通して、物流・インフラ点検・防災領域における産業用ドローンの新市場開拓および社会受容性の向上による社会実装を推進し、世界レベルの産業用ドローンの創出と発展に貢献してまいります。

<概要>
ACSLがこれまでドローンの実証実験・販売実績で培ってきた用途別に求められる機能の特殊性を反映したUI開発経験とACCESSのIoT及び組込みソフトウェア領域におけるUI・UXの知見やノウハウを活かし、両社は、国内・海外双方において産業用ドローンソリューションのデファクトスタンダードを目指し、本年8月より共同開発に取り組み、既存の各種ドローン関連ソフトウェアとは一線を画した、産業用途に特化した高付加価値なソフトウェアを提供してまいります。

    <高付加価値なソフトウェアの特徴>
  1. 高セキュリティ対応であらゆる産業用ドローンに組み込み可能
  2. ユーザーインターフェース(UI)の更なるユーザビリティ向上を追求
  3. 専門開発による品質・信頼性の向上
ACSL_ACCESS_ドローン画像

<背景>
ACSLは、これまで物流・インフラ点検・災害領域での産業用ドローンを社会実装することで、様々な現場の課題を解決してまいりました。その経験をもとに、物流・インフラ点検・災害領域の用途別量産モデルの開発を進めております。
ACCESSは、IoTおよび組み込みソフトウェア領域における先進のテクノロジーと豊富な市場実績、並びにドローンへのソフトウェア組み込みに関する経験を有しています。
両社は、互いの経験とノウハウを組み合わせることで、産業用ドローンにおけるソフトフェアの高セキュリティ対応および信頼性とユーザビリティの向上、ひいては産業用ドローンの普及に向けて貢献ができると考えが一致したことから、この度の業務提携に向けて基本合意いたしました。

■株式会社自律制御システム研究所について
ACSL(東証マザーズ:6232)は、産業分野における既存業務の省人化・無人化を実現すべく、国産の産業用ドローンの開発を行っており、特に、画像処理・AIのエッジコンピューティング技術を搭載した最先端の自律制御技術と、同技術が搭載された産業用ドローンを提供しています。既にインフラ点検や郵便・物流、防災などの様々な分野で採用されています。
https://www.acsl.co.jp/company/

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証一部:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび約350社の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
https://www.access-company.com/

  • ACCESS、ACCESSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
  • その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。