MENU

プレスリリース

プレスリリース
2020.07.28

プリント

車載向けアプリストア「ACCESS Twine for Car App Store」を提供開始、自動車業界における車載インフォテインメントの導入を推進

- ローカルおよびグローバル市場向けに、動画・音声コンテンツと、自動車向けモビリティサービスを一元的に提供 -

ACCESS Europe GmbH(本社:ドイツ・オーバーハウゼン、CEO:Dr. Neale Foster、以下、ACCESS Europe)は、子会社でスマートテレビ向けアプリストアの主要プロバイダであるNetRangeと連携し、車載向けアプリストア「ACCESS Twine for Car App Store (以下、Twine4Car App Store)」を開発し、提供開始したことを発表しました。「Twine4Car App Store」は車載インフォテインメント(In-Vehicle Infotainment、IVI)システム「ACCESS Twine for Car(以下、Twine4Car)」の一部として提供され、現在、主要な自動車メーカー(OEM)やプロバイダと共に全世界で試験運用されています。

ACCESS Twine for Car App Store image.
「ACCESS Twine for Car App Store」

ACCESS Europe 最高経営責任者(CEO) Dr. Neale Fosterは、
「消費者は、自動車購入の際にコネクテッドなコンテンツ視聴機能を一層求める傾向にあります。自動車メーカーはこのトレンドを十分認識しています。然しながら、どのようにすればコンテンツを効率的に自動車に配信できるのでしょうか。自動車メーカーは、各地域や世界市場に向けてコンテンツ視聴体験とサービスを提供する必要がありますが、ほとんどの自動車メーカーは専門的な知見は有しておらず、コンテンツオーナーと効率よく提携するための車両数の確保も困難な状況です。また、統合の手間を最小化するには技術的な解決策がコンテンツ事業者や自動車メーカーに求められます。テレビメーカーは10年ほど前にスマートテレビ事業を立ち上げる中で同様の課題に直面しました。そうして導き出された答えがアプリストアです。アプリストアは今日の自動車業界にとって素晴らしい解決策になると考え、この度、IVIをさらに進化させるために『ACCESS Twine for Car』向けにアプリストアを開発しました」と述べています。

NetRangeはスマートテレビアプリストアのパイオニアであり、White Label(ホワイトレーベル)型スマートテレビやOTTエコシステムのターンキーソリューションとテレビ視聴者向けアプリストアを全世界100カ国以上で提供しています。ACCESSは、NetRangeのコンテンツ業界のネットワークと専門知識を活用し、アプリストアのコンセプトを自動車業界へも拡大していきます。自動車に最適化されたアプリストアを自社開発の車載インフォテインメントシステム「Twine4Car」に統合することで、次世代自動車向けにワンストップの車載インフォテインメントリューションを提供していきます。

    「Twine4Car App Store」は、以下のような幅広いIVIアプリを取り揃えています。
  • 主要な動画配信アプリおよびライブテレビアプリ
  • 主要な音声配信サービス
  • ニュースサービス
  • キッズ向けコンテンツ
  • 地域情報および小売業者からのオファーを入手するためのロケーション認識サービス
  • 天気予報
  • 駐車場や燃料などの支払いサービス
  • ファストフードやコーヒー購入などの便利なアプリ
  • 車載ゲーム

「Twine4Car」について
「Twine4Car」は、セキュアなコンテンツ再生のために、車両の内蔵デバイスおよびBYOD(Bring Your Own Device)でデジタル著作権管理(DRM)をサポートしています。コンテンツオーナーは動画配信の許諾条件としてDRMセキュリティ要件を定めていますが、ACCESSは世界市場でのテレビへのブラウザ導入実績を生かして、自動車メーカーがDRMセキュリティを実現できるように支援しています。

自動車メーカーは「Twine4Car」により、自動車のヘッドユニットおよびリアシートエンターテインメント(RSE)ユニットで、自社ブランドを冠したエンターテインメントやインフォテインメントのサービス提供が可能になります。「Twine4Car」は、コンテンツポートフォリオを実現することで自動車業界とコンテンツ業界間の垣根を埋め、ドライバーと同乗者のコンテンツ視聴における安全性、快適性、柔軟性を向上させます。「Twine4Car」は、クラウドベースとなっており、自動車メーカーはサービスを段階的に導入し、自動運転など様々な業界の動きに合わせて、標準技術を活用して統合にかかる手間を最小化しつつ、新サービスを随時追加していくことができます。

「Twine4Car」は、車載Wi-Fiネットワークを介してIVIシステムのコンポーネントとBYODをシームレスに接続します。「Twine4Car」によるコンテンツ管理は、一般的な単一デバイスの配信アプリやスクリーンミラーリング技術をはるかに凌ぐ、マルチデバイスのユーザーエクスペリエンスを実現します。「Twine4Car」は、あらゆるデバイスにおいて自動車メーカーによるブランド体験を支援します。

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証一部:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび約350社の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
https://www.access-company.com/

  • ACCESS、ACCESSロゴ、ACCESS Twine、ACCESS Twineロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
  • その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。