MENU

プレスリリース

プレスリリース
2020.07.21

プリント

ハイパフォーマンスブラウザの最新版「NetFront® Browser BE v2.8.0」を開発、提供開始

- 最新のセキュリティ機能拡張と「NetRange App Store」との統合により、スマートテレビ/車載向けサービスを強化 -

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭、以下、ACCESS)は、ハイパフォーマンスブラウザの最新版「NetFront® Browser BE v2.8.0」を開発し、本日より提供を開始しました。「NetFront Browser BE v2.8.0」は、最新のChromium Core(80)をベースにし、最高レベルのセキュリティと最先端の機能を備えた商用組み込みブラウザです。また、「NetRange App Store」との統合を実現していますので、本ブラウザを導入することで、事業者は、車載、テレビ、家電といったデバイスに、エンターテインメントサービスを付加して提供することが可能になります。

NetFront Browser BE v2.8.0
「NetFront Browser BE v2.8.0」:スマートテレビ/車載向けサービスを強化

ACCESS Europe 最高経営責任者(CEO) Dr. Neale Fosterは、
「今回の開発では、累計15億台の機器に搭載してきた当社ブラウザの知見を結集し、一つでも多くのデバイスにエンターテインメントサービスを迅速にセキュアに導入できるようにすることに重点を置きました。最新版ではセキュリティ機能とマルチメディア機能を強化することで、メーカーやコンテンツ事業者が、音声/動画プレミアムコンテンツといったエンターテインメントサービスの顧客拡大を支援します。また本ブラウザにより、主要な独立系アプリストアへのシームレスなアクセスや、様々なスマートテレビや車載エンターテインメントOSとの統合が可能になりますので、メーカーやコンテンツ事業者は魅力的なコンテンツサービスのTime to Market(市場投入までの期間)を短縮することが出来ます」と述べています。

「NetFront Browser BE v2.8.0」は、Chromium Core(80)コアをベースしていますので、旧ヴァージョンをベースとしたスマートテレビ/車載向けブラウザにはない、最新のセキュリティ機能が拡張されています。また、本ブラウザには、今日では必須のサービスとなるOTTとの互換性が最大限に確保されているため、コスト削減しつつ迅速な開発~市場投入が可能になります。

本組み込み型ブラウザと市場をリードする「NetRange App Store」を組み合わせることで、事業者は世界市場向けに迅速かつ効率的にスマートテレビや車載エンターテインメントサービスを提供開始できるようになります。

ACCESSは、HbbTV、Hybridcast、BMLなど放送・通信の国際規格に関する知見を長年にわたり蓄積しており、こうした市場をターゲットにする自動車メーカー(OEM)にとって理想的なパートナーです。また、最新版ブラウザには、車内や宅内で使えるメディア共有などの機能が強化されていますので、Android/iOSスマートフォンやタブレットのアプリを介して他の家電へもデジタルコンテンツサービスを拡大することが出来ます。

「NetRange App Store」への「NetFront Browser BE」の統合を実現
「NetRange App Store」への「NetFront Browser BE」の統合を実現
    「NetFront Browser BE v2.8.0」の主な特長
  • Chromium 80をベースとし、最新のセキュリティパッチとコンテンツ互換性の担保。最新仕様のHTML5、CSS、JavaScriptをサポート
  • セキュアなマルチプロセスアーキテクチャにより、サンドボックスとOSレベルで保護し、悪意あるアプリや劣悪なアプリから最大限に防御
  • オプションとしてHbbTV、Freeview Play、Hybridcast、YouTubeといった国際規格をサポート
  • 市場実証済みの著作権管理(DRM)への統合により、TEE(高信頼実行環境)を含むWidevineおよびPlayReadyをサポート
  • Android、Linux、およびQNXをはじめとする組み込みOSをサポート
  • 先進の4K/8Kテレビおよびセットトップボックス(STB)向けAndroidトンネルモードなど、高性能グラフィックスをサポート
  • オープンなメディアプレイヤーAPIで、システムオンチップ(SoC)ベンダーによる先進のメディアプレイヤーや業界標準プレイヤーとの統合を実現
  • スマートテレビ/OTT/自動車向けに「NetRange App Store」と事前統合
  • オプションのUPnPベースの車載/宅内向けメディア共有機能により、自動車メーカーの消費者とのブランドリレーションを拡大

「NetFront Browser BE」について
Chromium Blinkコアエンジンをベースとした高機能HTML5ブラウザで、ハイエンド組込み機器のマルチコアCPU/GPUといったハードウェア資源を最大限に活用できる構成を実現しています。15億台を超える豊富な出荷実績を誇る組み込みブラウザのノウハウが集約されており、組み込み機器に最適なインターフェース設計が施されています。4K/8Kデジタルテレビ、セットトップボックス(STB)、車載インフォテインメントシステム(IVIシステム)、ゲーム機、複合機など、多彩な組み込み機器向けブラウザとして採用されています。
https://www.access-company.com/products/browser/netfront-browser-be/

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証一部:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび約350社の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
https://www.access-company.com/

  • ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
  • その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。