MENU

プレスリリース

プレスリリース
2019.08.01

プリント

ACCESS、外回り業務の働き方改革を推進する、新しい動態管理サービス「Linkit® Maps」を、8月1日より提供開始

― TBSテレビに採用 ―

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭、以下:ACCESS)は、外回り社員の業務効率を向上させ、働き方改革を推進する、新しい法人向け動態管理サービス「Linkit® Maps(リンクイットマップス)」を開発、2019年8月1日より提供開始いたします。併せて、株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、以下TBSテレビ)が「Linkit Maps」を導入したことを発表いたします。

人手不足の深刻化により、働き方改革を推進する企業が増えています。中でも、セールスをはじめ、報道機関、物流、保守管理、訪問介護等の外回り業務が多い業界では、社員の居場所確認や、訪問ルートの共有、訪問実績のエビデンス管理、災害時の安否確認といった業務をいかに効率化するかが喫緊の課題となっています。外回り業務を管理するには動態管理サービスが有効ですが、一般的に高コストで、導入・運用におけるハードルが高いというのが現状です。「Linkit Maps」は、こうした企業の課題を、高機能かつ、低コスト、迅速に解決する動態管理サービスです。専用機器や専任の管理者不要で、各社員が「Linkit Maps」のアプリをスマートフォンにインストールするだけで、すぐに利用開始することが出来ます。

「Linkit Maps」は、5,000社を超える企業に導入されている、マルチデバイス対応(PC、iOS/Androidスマートフォン)のクラウド型ビジネスチャットサービス「Linkit®」をベースに、動態管理機能を拡張しています。「Linkit」は、シンプルで安価、かつ高セキュリティなビジネスチャットとして市場より高く評価されています。動態管理機能では、外回り要員の訪問ルートや位置情報を地図上にリアルタイムで表示して共有し、チャットで連絡を取り合うことが可能です。また、予め複数の訪問先の住所を登録することで、社員間で訪問ルートの共有や、訪問先のバッティング回避にも活用できます。さらに訪問履歴をエビデンスとして利用することで、会社レベルで外回り業務実績をデータ化し、業務効率の向上に活用することも可能になります。

「Linkit Maps」の開発には、TBSテレビをはじめ「Linkit」導入企業の声が反映されています。TBSテレビでは、取材クルーの業務管理・情報共有・安全管理に Linkit Mapsを利用しており、スピーディで安全な取材活動を実現しています。

    「Linkit Maps」の特長
  • 社内からでも出先からでも、外回り要員の位置情報をリアルタイムで把握
    • スマートフォンのGPS機能を用いて、使い慣れた地図アプリ上に、外回り要員の位置情報や移動ルートを表示します。
    • 部署単位、プロジェクト単位での位置情報の共有が可能です。
    • PC(Chromeブラウザ)、スマートフォン(iOS/Android)対応ですので、社内からでも出先からでも利用可能です。
  • 訪問ルートの共有が簡単
    地図上で複数の訪問先の住所を入力して共有することが出来ますので、外回り社員が迷うことはありません。
  • セキュアなチャットですぐに会話、グループ間で把握
    地図を見ながら、その場でチャットができます。
    チャット内容は、複数の社員間で共有されますので、個別の連絡は不要です。
  • 訪問実績および効率的なルート分析
    過去の時刻を指定して移動履歴を表示できますので、訪問先のエビデンスとして活用できます。
    またPC上で活動履歴を自動保存し、効率的なルート分析が可能です。
  • プライバシーへの配慮
    位置情報共有の有無や公開範囲は各社員で設定できます。
  • 管理不要、専用機器不要
    IT専門の管理者は不要で、スマートフォンがあれば導入できますので、運用コストを低減できます。
  • 動態管理サービスとして業界最安値水準

【Linkit Maps】

<PC画面>

動態管理機能

PC画面_動態管理機能
・訪問先の住所を地図上で簡単に表示、迷うことがありません。
・行動予定・行動実績をピンで簡単に表現し、チーム全員で共有できます。
・外回り要員の位置情報を地図上にピンで表示しリアルタイムで把握。
・その場でチャットから連絡も可能です。
・過去の時刻を指定して移動履歴を表示できます。
チャット機能
PC画面_チャット機能

<スマホ画面>

動態管理機能

  • SP動態管理機能1
    使い慣れた地図アプリを起動、位置情報をピンで表示します。
  • SP動態管理機能2
    ルート検索も利用できます。

チャット機能

  • SPチャット機能1
    見慣れたUIでチャット
  • SPチャット機能2
    スタンプで簡単会話
  • SPチャット機能3
    写真、動画、文書、音声、位置情報を送信可能

TBSテレビからのエンドースメント
導入前は特定のデスク担当者に情報が集中し、そのため業務負荷が高く、機動性に課題もありましたが、導入後は情報を必要とする担当者同士が簡単にコミュニケーションを取ることができるようになりました。結果としてチーム全体が自律的に動き、デスクは全体状況を把握しながら適切なタイミングで指示するというふうに変わりました。コミュニケーションと位置情報を両方管理できるLinkit Mapsは、TBSテレビ/JNN の取材スタイルを大きく変えました。

株式会社TBSテレビ
報道局 総合編集センター編集部 統括編集長
佐藤 茂樹 様

「Linkit」および「Linkit Maps」に関する詳細は以下公式サイトをご覧ください。
製品サイト: https://linkit.access-company.com/
コーポレートサイト: https://www.access-company.com/products/service-solution/linkit/

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績10億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
http://www.access-company.com/

  • ACCESS、ACCESSロゴ、Linkit、Linkitロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
  • その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。