MENU

プレスリリース

プレスリリース
2018.04.20

プリント

ACCESS、建設業界のIoT化に向けたソリューションにおいて、アクティオと協業

― 第―弾として、「建設現場の安全訓練用5K対応VRシステム」を共同開発 ―

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大石 清恭、以下ACCESS)は、本日、先進のICT技術により建設業界の抱える課題を解決するIoTソリューションの開発・提供を目指して、建機レンタル国内最大手の株式会社アクティオ(本社:東京都中央区、代表取締役兼CEO:小沼 光雄、以下アクティオ)との協業を発表いたしました。協業の第一弾として、

  • ACCESSのIoT技術
  • アクティオの建設業界における知見
  • StarVR Corporation(本社:台湾台北市、以下StarVR)のVR技術
  • 株式会社BeRISE(本社:広島県広島市、以下BeRISE)の3Dデジタルコンテンツ制作技術

を採用し、「建設現場の安全訓練用5K対応VRシステム」を共同開発しました。

国内の建設業界は震災復興や東京オリンピックにより大きな需要を見込んでいるものの、少子高齢化による深刻な人手不足、不慣れな作業者による事故の多発、オリンピック後の市場規模縮小という課題を抱えており、喫緊の解決策が求められています。ACCESSとアクティオは、こうした業界の抱える課題を先進のICT技術により解決するため、ACCESSの数多くのIoTビジネスで培った「センサー × クラウド」の技術とアクティオの建機レンタル業における豊富なノウハウと実績を持ち寄り、各種課題に対してIoTソリューションを開発し、順次提供してゆく協業を推進してまいります。

その第―弾となる「安全訓練用5K対応VRシステム」では、ACCESSは、アクティオの取り扱うレンタル建機の位置情報や稼働働状況を、センサーデバイス機器監視用ソフトウェア「NetFront® Agent」でリアルタイムにモニタリングし、IoTサービスのためのクラウド統合基盤「ACCESS Connect®」で管理することで、従来の建機メンテナンスに掛かるコスト削減や、現場作業員の方々への安心安全に配慮した職場環境、業務効率化等、幅広くビジネスに活かすためのトータルソリューションとして提供します。アクティオは、本ソリューションを「Safety Training System VR of AKTIO」として、国内のレンタル機器市場に向けて提供していきます。

コンテンツTOP画面
「Safety Training System VR of AKTIO」のVRコンテンツTOP画面
(「車両転倒コンテンツボタン」と「転落コンテンツボタン」から選定)

「車両転倒コンテンツ」の動画

「車両転倒コンテンツ」の動画(体験者の様子)

また、本システムには、StarVRの210度の視野角を持つ超高性能VRヘッドマウントディスプレイ技術、BeRISEの建設機械向け高解像度5Kコンテンツ制作スキルが採用されています。本システムのヘッドマウントディスプレイを作業員が着用し、疑似的に不安全行動することにより、どこに危険個所があるか、安全でない行動をとるとどのような結果を招くのかを体験し、安全意識高揚に繋げることが可能となります。また、ヘッドマウントディスプレイを通じて集積されたトラッキングデータをクラウド側で管理・分析する仕組みを提供します。

「建設業界向けIoTソリューション全体図」
建設業界向けIoTソリューション全体図

■「建設現場の安全訓練用5K対応VRシステム」における4社の役割について

<ACCESS>
複数の建機群を一括監視するソフトウェア「NetFront Agent」およびIoTサービス向けクラウド統合基盤「ACCESS Connect」の提供、並びに「建設現場の安全訓練用5K対応VRシステム」のシステムインテグレーション全般を担当。

「NetFront Agent」
世界中で累計搭載15億台を超える豊富な市場実績を誇る「NetFront® Browser」の独自エンジンをベースに開発された、世界最小クラスのマネージドエッジコンピューティングエンジンです。機器の通信プロトコルを束ね、システムの一括制御・状態監視が可能です。
http://www.access-company.com/products/iot/netfront-agent/

「ACCESS Connect」
IoTサービス構築には、様々なエッジデバイスを束ねてクラウド上でリモート管理することは必須です。「ACCESS Connect」は、IoTサービスの開発・運用に必要なバックエンドシステムをワンストップで提供するプラットフォームで豊富な商用実績を有しています。サービス開発に必須な標準機能をREST APIとして提供する、BaaS(Backend as a Service)、サーバアプリケーション開発とホスティング環境を提供する、PaaS(Platform as a Service)の2つのソリューションから構成され、IoTビジネスを運営する多くのお客様に最適なビジネス環境を提供可能です。また、ご要望に応じて、お客様のIoTプラットフォームにこれらの機能を組み込むことも可能です。
http://www.access-company.com/products/iot-solution/access-connect/

<アクティオ>
国内レンタル建機における豊富な実績およびノウハウを提供し、開発に貢献しました。また、全国の販路を通じて、本システムをレンタル提供していきます。
http://www.aktio.co.jp/

<StarVR Corpration>
ヘッドマウントディスプレイ制作を担当。
210度の広視野角で、最高解像度5Kという業界最高水準のハイスペックを実現したヘッドマウントディスプレイの提供。ハリウッド映画のCG撮影で使用されている“ハイスピード・オプティカル・トラッキングシステム”を採用することで、VR酔いの原因である素早い動作をする際の映像の乱れを抑制する仕組みも搭載しています。
https://www.starvr.com/

<BeRISE>
VRコンテンツ制作を担当。
3DCGを基とした高品質なデジタルコンテンツにおける多くの開発実績を活かし、安全訓練VR用に赤外線センサーとStaVR製ヘッドマウントディスプレイ専用コンテンツを開発。実際の現場で起こりうる事故を仮想空間内で体験可能な本格的なコンテンツとなっています。
http://www.berise.co.jp/

引き続き、ACCESSは、アクティオとともに、先進のICT技術により建設業界の課題を解決し、お客様へ最大の価値を提供するIoTソリューションの開発・提供にまい進していきます。

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
http://www.access-company.com/

■株式会社アクティオについて
アクティオは建機レンタル業界日本国内最大手であり、建機レンタル事業そのものの存在価値とイメージを高めるために、お客様へのコンサルティングを伴った「レンサルティング®」を提供しています。これらを建設・土木業界だけでなく、鉄道や林業、プラント他業界にも幅広くサービスを拡大しております。また、近年は国内だけでなく、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、バングラデシュ、ミャンマーなどアジアマーケットにも積極的に進出し、各国の人口増加に伴う交通や住宅インフラ整備の加速に伴う、建機レンタルビジネスの拡大し続けています。
http://www.aktio.co.jp/

【本件に関するお客様からのお問い合わせ】
株式会社ACCESS 営業担当 渡邊 友仁
TEL:03-6853-9222
E-Mail:info-iot-construction-biz-gr@access-company.com

  • ACCESS、ACCESSロゴ、NetFront、NetFront Agentロゴ、ACCESS Connect、ACCESS Connectロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
  • その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。