MENU

プレスリリース

プレスリリース
2018.04.17

プリント

ACCESS、エッジコンピューティングにAIを搭載したトータルソリューション「NetFront® EdgeAI」を開発・提供開始、エッジデバイス側での高速リアルタイムAI処理を実現

―エッジAIのハードウェアパートナーとして、DMPと協業―

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大石 清恭、以下ACCESS)は、本日、エッジコンピューティング技術にAI技術を一体化し、エッジデバイスでの高速リアルタイムAI処理を実現するトータルソリューション「NetFront® EdgeAI」を開発し、本日より、提供開始いたします。併せて、エッジAIのハードウェアパートナーとして、株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区、代表取締役社長CEO:山本 達夫、以下DMP)と協業いたしました。

現在IoTビジネスでは、センサー機器などエッジデバイスから生成される膨大なデータをクラウド上に集約し、クラウド側で機械学習や深層学習のAIにより判断した結果を再びエッジへ送り返す仕組みが主流となっています。しかしながら、IoTビジネスの主要マーケットとして期待されるセキュリティ、製造、自動運転などの分野では、クラウドを介することによるデータ処理の遅延やトラフィックの増大に対する課題を解決することが重要であり、ネットワーク環境に左右されないリアルタイムでの異常検知や故障予測が求められています。「NetFront EdgeAI」はこれらの課題を解決すべく、エッジ側にAI機能を搭載させることでクラウド側の処理を大幅に削減し、お客様のシステムでのネットワークの遅延や帯域に依存しない高速リアルタイム処理を実現します。

「NetFront EdgeAI」は、ACCESSのセンサーデバイス機器監視用ソフトウェア「NetFront Agent®」にAI技術を組み合わせ、IoTサービスのためのクラウド統合基盤「ACCESS Connect®」を用いて「NetFront EdgeAI」の管理を行います。

「NetFront EdgeAI」の主な特長:
エッジデバイスにAI機能を搭載することで、クラウド側での処理を大幅に削減し、ネットワーク環境に依存しない高速なリアルタイム処理を実現します。これらをより促進させる為の機能として「NetFront Agent」でのリモートでエッジの学習済みモデルの更新、死活監視、ファームウェアアップデートをご利用することが可能です。

「NetFront EdgeAI」の構成概要

<エッジコンピューティングエンジン>
「NetFront Agent」は世界中で累計搭載15億台を超える豊富な市場実績を誇る「NetFront® Browser」の独自エンジンをベースに開発された、世界最小クラスのマネージドエッジコンピューティングエンジンです。機器の通信プロトコルを束ね、システムの一括制御・状態監視が可能。
http://www.access-company.com/products/iot/netfront-agent/

<クラウド>
IoTサービス構築には、様々なエッジデバイスを束ねてクラウド上でリモート管理することは必須です。「ACCESS Connect」は、IoTサービスの開発・運用に必要なバックエンドシステムをワンストップで提供するプラットフォームで豊富な商用実績を有しています。サービス開発に必須な標準機能をREST APIとして提供する、BaaS(Backend as a Service)、サーバアプリケーション開発とホスティング環境を提供する、PaaS(Platform as a Service)の2つのソリューションから構成され、IoTビジネスを運営する多くのお客様に最適なビジネス環境を提供可能です。また、ご要望に応じて、お客様のIoTプラットフォームにこれらの機能を組み込むことも可能です。
http://www.access-company.com/products/custom-solution/access-connect/

<AIエンジン>
「NetFront EdgeAI」に適切なハードウエアパートナーとして、GPUベンダとして高度な画像処理技術を提供している、DMPとの協業をこの度開始いたしました。DMPは、エッジコンピューティングのAI化の実現に求められる、小型、高性能と低消費電力を両立したAIプロセッサ「ZIA」シリーズを開発して提供しています。DMPは現在「ZIA」シリーズのFPGAモジュール化を進めており、同社との協業の相乗効果を高め、お客様のビジネス構築に貢献していきます。
また、今後様々なAIの問題クラスに合わせた多様なAIエンジンのラインナップも拡充する予定です。

<IoTゲートウェイ>
ACCESS推奨IoTゲートウェイ「AP5000W(Askey製)」は、コンパクトな筺体を直接コンセントに差し込むだけで利用できる、安価で使い勝手の良いゲートウェイです。標準プロトコルはWi-Fi、Bluetooth、Wi-SUNに対応。ホームセキュリティなどの用途に最適なゲートウェイとして標準で用意しています。
また、ご要望に応じて、異なるゲートウェイへ「NetFront Agent」を搭載することも可能です。
http://www.access-company.com/news_event/archives/2017/0522/

ACCESSは創業以来の強みである、あらゆる機器をネットワークに繋ぐ技術をベースにAI技術を一体化させて提供することにより、お客様のIoTビジネスにおける、より高度化した課題をスピーディに解決してまいります。

【本件に関するお客様からのお問い合わせ】
株式会社ACCESS 営業担当 渡邊 友仁
TEL:03-6853-9222
E-Mail:nfea-biz-info_a-gr@access-company.com

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
http://www.access-company.com/

  • ACCESS、ACCESSロゴ、NetFront、NeFront Agentロゴ、ACCESS Connect、ACCESS Connectロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
  • その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。