MENU

台湾ですぐにリピート通販が開始できる業務支援サービス
CROS™

台湾のリピート通販事業を成功へと導く、フルサポートサービス

人口約2,300 万人、高い経済成長を遂げている台湾市場には、日本からの投資が年々増加しています。
日本ブランドに対して好意的であり、インターネット関連事業の規制がない同市場には、
近年、巨大アジア市場への進出の第一歩として小売などの非製造業での投資が急増しています。

通販業界においても台湾進出を検討する日系企業は多く、既に台湾市場にて実績を挙げている企業もあります。
しかしながら、台湾への進出には様々な課題があり、頭を悩ます企業も少なくはありません。

  • 統一発票の発行といった台湾特有のルールのため発行方法がわからず対応できない。
  • 台湾にはリピート通販文化がなく、対応したシステムがない。
  • 現地コールセンター、配送会社、カード決済ゲートウェイ、会計事務所等と連携できていない。
  • 日本にいる時、リアルタイムに売れ行きやキャンペーン成果を把握できない。
  • 個別でシステム構築すると時間も費用もかかりリスクが高い。
  • 現地オペレータは中国語、日本人管理者は日本語といったように言語を切り分けてシステムを利用できない。

「CROS (クロス)」は、こうした企業が抱える課題をワンストップで解決する業務支援サービスです。
お客様は、煩雑なバックオフィス処理に煩わされることはなく、本来の業務に注力できます。

台湾向けリピート通販支援サービス「CROS」の機能
受注機能、バックオフィス機能、広告効果分析機能の連携により、顧客情報と連動したマーケティング活動を継続的に支援

3つの特長

01 業務システムの構築・運用代行~現地インフラとの連携まで一括サポート

リピート通販事業に必要な現地インフラと全てシステム連携しているため、すぐに事業が開始できます。電子発票(電子發票)にも対応済みです。また配送には、現地での長い実績がある台灣雅瑪多國際物流(台湾ヤマト国際物流)や台灣宅配通と提携しています。すべてのサービスは、ACCESS台湾(ACCESSの台湾現地子会社)によるフルフィルメント(運用代行)も可能です。

02 受注からマーケティング支援業務まで対応した、バイリンガル業務システム

CROSのシステムは、受注業務から、バックオフィス業務、広告効果分析までフルサポートしますので、顧客情報連動型の効果的なマーケティング活動が可能です。 また、日本語、中国語(繁体字)の2言語切り替えにより、現地採用のスタッフでも日本からの出向社員でも操作可能です。
CROSの基盤には、クラウド上にデータベースを格納できる、リトルソフト株式会社の「LS ワークフロー」を採用しております。これによりシステム拡張の柔軟性を高めています。

受注機能(EC・電話経由などのすべての受注導線に対応)

CROSのシステム受注機能は、PC 経由、モバイル経由、電話経由など、どの受注導線からも顧客情報をひとつのデータベースに格納し一元管理することが可能です。また、EC サイトについては設計・構築から運用代行まで一括して行います。

バックオフィス機能

顧客データ、受注管理(都度販売・定期販売)、コールセンターでのカード決済、台湾レシート(統一発票)発行管理、配送管理、返品・返金管理、売上管理機能といった、新規顧客登録から商品発送後までカスタマーサポートを網羅。

広告効果分析(CRM 含む)機能
  • 管理者用管理画面:顧客情報分析(お客様のパーソナルデータ分析、新たなターゲットリスト作成機能)、広告効果分析(基本KPI[MR、CPO、平均顧客単価、平均購入個数、返品率]、新規獲得広告A/B テスト効果分析、広告反応ポイントの分析、RFM 分析、あらゆる広告手法別に対応した費用対効果の測定)、コールセンターオペレーター別成績表示など。
  • コールセンター用画面:顧客ステータス、フォローステータス、問い合わせ履歴管理、アウトバウンド用リストなど。

03 ASP型サービス

クラウド連携により、各端末への専用アプリケーションのインストールは不要、いずれのPCからでも操作可能です。月額費用と初期設定費用の料金体系となります。ご利用機能や期間により異なりますのでお見積りいたします。

  • 受注機能および受注後フォロー機能、広告効果分析機能は、通販事業者向けマーケティング支援サービスの先駆的企業である株式会社ファインドスター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡邊 敦彦)のグループ企業、亞星通股份有限公司(本社:台北市、董事長:藤原 徹平)のノウハウとACCESS のクラウド技術とを組み合わせて共同開発しています。

台湾向けリピート通販支援サービスをご検討中のお客様は、ぜひACCESSにお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

本製品に関する情報は、こちらでより詳しくご覧いただけます。

製品サイトへ