MENU

シンプルで使い勝手の良い、クラウド型チャット

人と人、人とシステムの新たなコミュニケーションをチャットで実現

あらゆるモノ・人がつながるIoT社会では、チャット技術は人と人のみでなく、
人とシステムをつなぐ技術としても使われ始めています。
シンプルな操作性、高いセキュリティ、あらゆるシステムと連携可能な拡張性により、
「Linkit®(リンクィット)」は、ビジネスシーンはもちろんのこと、
人とロボットのコミュニケーションにも応用され、その用途は日々拡大しています。

5つの特長

クラウド型チャットLinkit画面イメージ

01 「簡単」
- 管理を最小限にした簡単導入 -

個人向けSNSを利用する際には管理者は不要ですが、ビジネスチャットには複雑な管理機能があることがあります。Linkit は、管理者の負担が最小限になるように、ユーザー管理機能以外の機能を省いて簡単導入を実現しました。

02 「便利」
- ビジネス特化の機能でスピーディに -

資料や電話帳などの共有、メッセージの検索・引用が可能。ビジネス用スタンプなどで、業務連絡を迅速に。

03 「快適」
- スマホなどマルチプラットフォーム対応 -

PCやタブレット、スマホなど、各デバイスに対応。クラウド上にデータは同期保存されていますので、オフィスでも外出先でも、最新の資料が利用できます。

04 「安全」
- 金融機関レベルのセキュリティ -

管理者機能によって、ユーザー管理が可能。また、金融機関でも採用される256bit SSLで通信を暗号化しています。

05 「拡張性」
- あらゆるシステムと連携可能 -

API機能により、メッセージフレームワークとしての利用が可能です。チャットボット(ChatBot)や、企業の基幹業務システム、ロボット本体のシステム、介護記録システムなど、あらゆるシステムと連携して、新たな価値を創造するソリューションの開発が可能です。

ユースケース

ロボットX人のコミュニケーション

チャット技術、顔認識機能、無線技術搭載のロボットを自宅に設置すれば、外出中でもスマートフォンとロボットを介して、在宅中の家族と臨場感のある対話ができます。
Linkitは、ロボットと人のコミュニケーションを実現するメッセージフレームワーク技術として採用されています。

介護現場の業務効率向上

Linkitは、介護業務支援システム「ケアリス®」にも応用されています。
介護記録システムとの連携により、スタンプを選ぶだけで、介護業務が記録できます。スタッフ間のコミュニケーションも、より迅速に、より充実したものにし、人手不足が叫ばれる介護業界の働き方改革を支援します。

ビジネスのスピードを加速

企業のあらゆるコミュニケーションをセキュアかつ迅速にし、意思決定をさらに加速します。経営、事業、業務のスピードを加速させ、企業の競争力とビジネス推進力を最大化させます。
現場での作業開始・終了をチャットで報告するだけで作業実態を把握でき、埋もれがちなEメール、通話中で順番待ちになってしまう電話と比べて、仕事を円滑に進めるための連絡ツールとしても優れています。Linkitは、企業の働き方改革を推進します。
Linkitは、ASPサービスとして企業向けに提供されています。手軽なチャットサービスの導入から秘匿性を重視する業界の特殊業務での利用など、サービス開始から3年で契約者数20万人を突破しています。

「Linkit」(ASP)の詳細およびお試し版はこちらから

主な機能・仕様

主な機能

快適なUI
誰でも簡単に使いこなせるようにUIは設計されています。
トーク(チャット機能)
スタンプ機能:既成スタンプ100種類以上が利用できます。
写真/動画撮影
資料共有(写真・動画・MS Office)
未読一覧機能
組織ごとのグループ化により、階層化されたコミュニケーションが可能です。
管理者によるユーザー管理(追加/削除)が可能です。
クラウド連携
資料・メッセージは、すべてクラウドで保管、バックアップが可能です。
10GBまで無料のストレージ
2次元バーコードによるログイン
面倒なID・パスワードを覚える必要ななく、お客様専用に生成する2次元バーコードをかざすだけでログインできます。
API機能(オプション)
チャットボット(ChatBot)や、企業の基幹業務システム、ロボット本体のシステム、介護記録システムなどあらゆるシステムとの連携が可能です。

動作環境

端末:PC(ブラウザ環境)、スマートフォン/タブレット
対応OS:Android/iOS

チャットをご検討中のお客様は、ぜひACCESSにお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ