MENU

プレスリリース

プレスリリース
2017.08.30

プリント

JVCケンウッドの最新車載器にACCESSの「NetFront® Browser NX」が採用

-大手カーメーカーのIVIに実装され、グローバル市場へ出荷-


株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)の「NetFront® Browser NX」が、株式会社JVCケンウッド(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:辻 孝夫、以下JVCケンウッド)が、カ―メーカーのIVI(車載インフォテインメントシステム、In-vehicle Infotainment system)向けにカスタム提供している車載器に採用されました。

この度のJVCケンウッドの車載器は、カーナビゲーション機能に加えて、ハイレゾ対応オーディオ機能およびインターネット閲覧機能を搭載しています。JVCケンウッドでは、本システムを、英国カ―メーカーの世界市場向け新モデル(2017年出荷開始予定)のIVIに提供しています。また、本システムは、日本カ―メーカーの東南アジア市場向けモデル(販売中)のIVIにも標準実装されています。

「NetFront Browser NX」は、世界最小クラスの使用メモリで世界最高クラスのレンダリングスピードを誇るWebKitベースのブラウザです。独自技術によりメモリ使用効率を向上させ、パワフルな再現性を、あらゆる機器・OS上で実現します。HTML5、CSS3、WebP、WebSocket、HTTP Cacheなど最先端のWeb技術に対応しています。JVCケンウッドの車載器では、インターネットおよびYouTube閲覧機能に加えて、UI設計を最新Web技術のHTML5で構築することにより、高度なアニメーション表現も開発コストを抑えつつ、実現しています。

引き続き、ACCESSは、最先端のWeb技術により、メーカーのコネクテッドカー開発を支援し、世界中のドライバーに向けて車載向けIoTサービスを提供してまいります。

「NetFront Browser NX」の主な機能は以下となります。

  • プラットフォーム非依存
  • 独自技術によりメモリ使用効率の向上と安定性を同時に確保
  • 世界最高クラスのHTML5対応充実度
  • 優れたUIカスタマイズ性
  • 対応OS:Linux (Qt/Embedded、GTK+、その他)等
  • 対象製品:IVI、ゲーム機、テレビ/セットトップボックス、スマートフォン/タブレット、複合機等。
上記ほか「NetFront Browser NX」には最先端の機能が搭載されています。詳細は、https://www.access-company.com/products/browser/nx/をご覧ください。

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
https://www.access-company.com/

※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国及びその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。