MENU

電子書籍

オープンソースプロジェクトに、
自分の名前を刻みました。

PROFILE

渡邊 裕貴 Yuki Watanabe
電子出版事業本部 開発部 ソフトウェア・エンジニア
2011年入社。大学ではコンピュータ科学を専攻。プログラミング研究に没頭した。ACCESSへの入社動機は「高度なプログラミングに携わりたい」。人々に日常的に使われる製品を、自らの手ですべて開発できる点に惹かれた。

電子書籍は、私のエンジニア人生のすべてです。いまや国内トップクラスの流通量を担うまでになった、ACCESSの電子書籍配信システム『PUBLUS®(パブラス)』。その実現は、困難を極めました。PUBLUS®のビューアは、WebKitをベースにしています。日本語表示に最適化させるには、度重なるソースコードの修正が必要でした。世界の先端をいくエンジニアたちの足跡をたどる作業は、きつかったけど楽しかった。私を含めて、プログラムについて語りはじめると止まらないようなエンジニアが揃っているから、ともに乗り越えていけたのだと思います。そして、私たちはビューアを形にして、成果をオープンソースプロジェクトに還元。自分たちの名前を、WebKitの歴史に刻みました。現在『PUBLUS®』は、メジャーバージョンアップに向け開発中。私はサーバサイドを含めた全体のプロジェクトリーダーになりました。電子書籍の成長とともに、私の仕事は進化しています。