MENU

品質管理

プログラミング志向ではない、
そんな私なりの開発への参加。

PROFILE

村上 亜希子 Akiko Murakami
技術戦略室 品質管理課
2015年入社。大学ではデザイン工学を専攻。Webデザインなどを学ぶ。品質管理を実地で学ぶ過程で、将来はマネジメントの方向へ興味が出てきた。自身が関与することで、ACCESSのプロダクト品質をより確かなものにしていくことが目標。

どれだけ優れた技術であっても、ユーザーにとって使いにくいモノであってはいけない。それは、私たちが創業より大切にしている想いです。私の役割は、エンジニアたちが開発した製品を、より使いやすくブラッシュアップするための解決策を見つけることです。仕様書を読み込み、エンジニアが「仕様」としている部分が、実際に使われる際にとっつきにくさにつながっていないか。そんなケースやバグなどをリリース前にチェックする試験をマネジメントして、開発側にフィードバックする。それが品質管理です。最近では、仕様検討の段階から参加する案件も増加。企画部門/開発部門/私でミーティングを行い、つくる前から問題をあぶり出しています。私はプログラミング志向ではありません。だけど、「試験を突き詰める」という立場なら、世界に発信するモノづくりに参加できる。これもエンジニアとして生きる一つの道だと感じています。