MENU

在庫管理の簡素化・自動発注、
マーケティングデータを取得する
重量センサー

消費材の残量をセンサーが検知、LPWA無線通信で通知し、
在庫管理の簡素化・自動発注を実現。
人手不足の解消、マーケティング活動を推進するハカリセンサー。

WAVEE+(ウェイビープラス)の「ハカリセンサー」は、次世代LPWA(Low Power Wide Area)として
期待される無線通信方式NB-IoTと重量センサー技術を用い、対象のモノが予め設定した重量を下回った際、
クラウド経由でユーザーへ通知することにより在庫管理の簡素化や自動発注を実現します。
1gから4.5kgまで計測可能ですので、消費財などの補充サービスに活用することで
消費者に高付加価値サービスを提供することが出来ます。

大手飲食チェーンにおける食材の在庫管理、大型小売店や物流会社の倉庫での商品の在庫管理等に
導入することで、人手不足の解消、サービス向上、マーケティングデータ取得にも活用できます。

ユースケース

小売、物流、レストランなどの商品や食材等の在庫管理、自動発注

在庫管理、自動発注

商品の在庫重量を計測し、データをLPWAで送信

在庫管理、自動発注

複数拠点での商品の在庫管理や発注業務は、従業員の作業負担増や過剰在庫が発生しがちです。
ハカリセンサーは、在庫残量に応じて定期便の前倒し「メールお知らせ」通知や、「ちょうど良いタイミングで届く」自動発注により、こうした課題を解決します。

特長

セルラー系LPWAのNB-IoTで無線通信

1g~4.5kg計測可能(誤差は5g単位で発生)

*最大重量、寸法はご要望に応じて変更可能です。

電源

単三電池4本(最大約2年間の電池持ち)

筐体サイズ

19mm×14.9mm×48mm
*受注後の加工組み立てとなります。

ハカリセンサー

トータルパッケージソリューション

クラウド連携および管理画面の提供(オプション)。

重量センサーをご検討中のお客様は、ぜひACCESSにお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

本製品に関する情報は、こちらでより詳しくご覧いただけます。

製品サイトへ